シミにも種類があった!

日光黒子

最も多く見られるシミがこの日光黒子と言われています。主な原因は紫外線で、淡褐色から少し濃い目の色素斑で、顔だけではなく、体の露出の多い部分にできやすく、中年以降に増えやすい特徴があります。

雀卵斑

いわゆる「そばかす」といわれているシミの一種です。小さい丸い斑点で、頬や鼻などの周囲に出やすいのが特徴です。これは遺伝的な要因が大きいとも言われており、子供のころから出始めることがあります。

炎症後色素沈着

通常、一時的なシミとなります。ニキビや化粧品が原因の炎症がおさまった後にできる褐色のシミです。年齢や性別にかかわらずできますが、次第に薄くなっていくことがほとんどです。

肝斑

女性特有といわれているシミで、女性ホルモンが関連していると言われています。そのような理由から、妊娠や避妊薬などがシミの誘発、悪化をうながすこともあるようです。また、紫外線で悪化することもあるようです。特徴としては、頬骨にそって左右対称にできて、30~40代に多くみられる症状です。尚、レーザー治療で悪化するとも言われていますので注意が必要です。