医薬品と医薬部外品の違いは?

育毛剤と発毛剤は医薬品?

育毛剤も発毛剤も商品により医薬品と医薬部外品に分けられます。

医薬品にも色々ある

第一類医薬品:最もリスクの高い商品で、薬剤師が販売しなければなりません。

第二類医薬品:比較的リスクのある商品で、薬剤師だけでなく登録販売者も販売することが可能です。

第三類医薬品:最もリスクが低い医薬品で、薬剤師も登録販売者も販売することが可能です。

医薬部外品というカテゴリー

医薬部外品は、厚生労働省が許可した効果の認められた成分が配合されているものの、主に予防を目的とした商品となり、治療効果は認められません。

育毛剤は医薬部外品、発毛剤は医薬品が多い

育毛剤医薬部外品が目的としている「予防」効果と一致するものがほとんどで、副作用のリスクは低い商品といえるでしょう。

発毛剤は強い効果が期待される医薬品に分類されるものがほとんどで、容量、用法を守らないと副作用も起こりえるリスクがあるので注意が必要です。