薄毛の原因ってなに?

薄毛は遺伝するの?

父親が薄毛だから…と現在薄毛で悩んでいる人や、将来を不安に思っている人って結構多いかもしれませんね。

でも本当に薄毛は遺伝するのでしょうか?

男性ホルモンの一種、テストステロンは5αリダクターゼという酵素の影響を受けて、強力なホルモンに変質します。そして遺伝要因によってこれが変質して、髪の成長を脅かす成長因子が活発化して、髪の成長サイクルがおかしくなり、その結果薄毛が怒るとも言われています。

しかし単純に100%遺伝が原因で薄毛になるとは言い切れず、生活習慣等による影響も大きいと考えられています。

整髪料を使うと薄毛になる?

よく、整髪料やカラー、パーマなどが髪にダメージを与えて薄毛になりやすいなどとも言われています。

実際のところは、それらが原因となるようなデータがあるわけではありませんが、どちらかといえば髪というより頭皮に悪影響を及ぼすことによって薄毛のリスクが高まるとも言われています。

睡眠不足が薄毛の原因?

実はこの睡眠不足ですが、意外とバカにできない薄毛との関係があると言われています。

寝不足が原因でストレスが蓄積されることにより、髪の成長に必要な副交感神経の働きが悪くなり、薄毛が進む可能性が十分あります。たしかにストレスにより体調が悪くなることを考えると、髪も体の一部ということで少なからず悪影響を及ぼすことは考えられます。

ストレスが薄毛の原因?

睡眠不足を原因とするストレスだけではなく、普段の生活の上でのストレスももちろん薄毛の原因となることが考えられます。ストレスが原因で髪に十分な栄養が届かないこともありえるので、普段からイライラの少ない生活を心がける必要があるでしょう。

タバコが薄毛の原因?

タバコを吸うことによって、血液の循環が悪くなり、その結果血行不良、そしてストレス同様に髪に十分な栄養が届かなくなることが考えられます。

髪に十分な栄養が届かないと、髪の生えるサイクルが狂ってしまい、その結果薄毛が進行していまいます。

食生活が薄毛の原因?

よく、脂っこいものを食べてばかりいると薄毛になるとか、不規則な食生活は薄毛の原因になるとか言われています。これが何故薄毛の原因と言われているかというと、食生活が頭皮に過剰な皮脂の分泌を促し、髪の成長サイクルを壊す原因になる可能性があるからです。

肥満になるような食生活は、内臓だけではなく、頭皮、ひいては髪の毛にまで悪影響を及ぼす可能性がありますので、注意が必要です。

 

色々と薄毛の原因として考えられているものをあげましたが、どれか一つというより、いくつかの原因が重なり合って薄毛になっている可能性が大きいと言われています。

たしかに大きなくくりで言えば生活習慣のなかにストレスや食生活も含まれていますからね。だからこそ単純に髪の毛への直接的なダメージだけではなく、体のケアから考える本質的な薄毛対策が重要ともいえます。

それらを踏まえて毎日の生活を送ってみてはいかがでしょうか?